結婚10年目にしてICSI4回目の採卵移植で授かった息子は4歳児。そしてただいま二人目妊娠中。


by fufunet1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

メッセージ

以下、スピリチュアルなお話です。
苦手な方はスルーしてくださいね。

私の知り合いの方にオーラリーディングを職業としている方がいます。
お友達の紹介で知り合った方ですが、
去年から、3回、、見てもらっています。

去年からいろんなことが重なったり、
自分でも「説明がつかないこと」が身の回りに起こったりして、
自然にそこに足をつっこむことになりました。

もちろん私は「そういうもの」は見えないし、聞こえません。
でも、どうしても「勘」が鋭い方であるのは否めず、
昔から??と思うようなことはよくありました。
(でも幽霊とかお化けとかはやっぱり嫌い)

去年から自然にその人と会うようになって、
いろいろ自分の指針の1つとして参考にしてきました。
(実際、こうしたほうがいいとかそういうのはあまりないので、気をつけて
生活したことはないので、あくまで「ああ、そうかあ」ぐらいの度合いです)

ただ、一気にいろいろ楽になったのは事実です。
ものをもう少し「自然」にとらえられるようになったというか・・

そういう人と会ったのも、めぐりあわせだったのかな、とか。

彼女が教えてくれるのは
「ハイアーセルフ」という高次の自分(魂)からのメッセージです。

もう1つ
私はこの人がけっこう好きで、行っているところもあります。

今回は、いろいろもじもじ、もやもや、もそもそしていたのと、
すっきりして身体も空に返したいなあなんて思って、
ダメもとで(本当に必要がない時は予約が取れないと言います)メールをしてみたら
夕方からならOKとのこと。

じゃあ行ってこよう~って。

過去の何回かのことは置いておいて。
今回のこと、ね。

見たいものが見えるわけではなくて、
魂がみせたいものが見えるので、
今回は突然前世とか、守護霊さんとかも見えちゃったらしいんですが
(以前の前世とは違うし、守護霊さんは初めて)

子が空に帰った理由。

1、私がお腹が大きな時に、大きな事件(天変地異?とか相当大きなことっぽい)が起こる可能性があって
 その時に、子がお腹にいたら、私が死んでしまう可能性があったこと。

2、お腹に入ってきた時は、環境も整って、OK!って感じだったんだけれど、6月か7月ぐらいにその環境に
 何か大きな変化があって、未来が子の魂が予想したものとは変わってしまったということ。

3、いれものの問題で、今回の身体、弱すぎて、生まれてももたない、と思ったということ。

おっちょこちょい・・早とちり・・・・(というのが私の素直な感想、、笑)

私の「冷たい」と思われる理由。

今回の件で、立ち直れないぐらいになるかと思ったら(というかそうじゃないので罪悪感を感じていて)
そうでもないし、今回のメッセージもちゃんと聞くことができたということで、
そのあたりがすごく気になっていたところがあって。

そこで
「私、冷たいんでしょうか」
ってところで出てきた(らしい)ナチスドイツのおじさんは
私の思っているところとそっくりで笑ってしまう。

ということで、このおじさんの影響が1点。

ナチスのおじさんは部下の兵士。私は生徒達という違いはあるけれど、ね
シビアなぐらいな彼らへの思いは似ている。(自分で言うのもなんだけど)

それから2つ目は
「子は自分とつながっている」という気持ちが持てているということ。
また降りてくるだろう子は、同じ魂であるということがそれとなくわかっているということ。
(私は別の子だと思っていたけど、・・同じなんだあ・・)

結局子からのメッセージは読めなかったんだけれど
(それはみせたくなかったのかな)
高次の魂さんは、「ステップ」だと。

今回、いろいろ経験してみて
心配していたほど仕事が出来ないわけじゃないことがわかったでしょ?
案外周りは優しいことに気づいたけど
案外周りは厳しいことにも気づいたでしょ?
夫がどれだけあなたを大切にし、
子の誕生を楽しみにする人か、わかったでしょ?
あなたの家族がどれほどあなたをアイシテルか、わかったでしょ?

私が不安や心配に思っていたことを
1度経験して、次に安心して育てるためのステップだったと。

教習所のハンコですね(笑

昔からこういうこと言うからそういう言い方されたのかも?

魂の最後の台詞は
「次にちゃんと産む時は、もっと大変だからさー」

・・・なんとなくわかるけどね・・(-_-)

話したことは、だいたい自分でなんとなく納得していることで、
なんとなく夫婦で感じていることだったので
ホントに「確認」と「納得」という意味で、行って良かったかな。

夫に話したら
「俺も、いれもの弱いからかな、って思ってたよ・・」
私はさすがにそれは思っていなかったので、そっちにメッセージがいってたか、と
思いました。

で、その他の話。

ネズミはまだちょろちょろっと出るということ。
(気配が消えてないよ)

ネズミというのは何かの象徴であるということはよくある話ということ。
(じゃあ実際なんなのかはわからなかったけれど)

これは犬友さんも言ってたなあ。。

今回の1ヶ月、愛犬が笑えるぐらいよく寝ていて、うとうとしていて、
病気になることはなかったことに対して。
(私が移植をするたびに病気になっていた)

誰かはわからないけれど
愛犬をちゃんとめんどう見てなでなでしてくれてる人が常にいたこと。

それから、
私のうしろにえらい明るい守護霊さんがいるということ。

「えらい明るい」・・笑

ということで、
私は現実に生きる人へもさることながら、
ご先祖様や、見守ってくれている方々にも
感謝をするべきなんだなあと改めて思いました。


いつもポチッありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2009-08-28 13:04 | 初腹子3ヶ月