結婚10年目にしてICSI4回目の採卵移植で授かった息子は4歳児。そしてただいま二人目妊娠中。


by fufunet1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

黄体ホルモンシリーズ

便秘。これはホルモンシリーズ。

わからないものは
前回もやられた「首リンパの腫れ」「のどの痛み」「頭痛」。

今回も出てます。

喘息、まではいかないものの、
若干のど、怪しいです。

だいたい移植前から嚥下がちゃんとできなくて
よく気管にものをひっかけて、咳き込むこと多数。

安静にはしてません。
犬のサンポだけ夫に任せて、仕事のみしてます。

ただ、
前回の夫の肺炎に続き、
今回は愛犬の原因不明の胃炎と嘔吐が1週間続いてます。
(移植前から)

毎日夫が病院へ連れて行って
点滴してます。

夫、今回は洗い物もするし、家にも帰ってくるし
それなりに働いてます・・・・が、足りません。

ポットに水がない、じゃあ水を足そう、とか
(水がなかったらそのまんま、コンセントぬいたりする)
犬が嘔吐したクッションを洗おう、とか
(ふいて終わり)
ぱぱっと食卓をふこう、とか
(そのまんま)
そういう小さな心配りが足りません・・

たぶん夫の中では
ポットは「いつでも勝手にお湯がわいている」もんで
ダンボールは「つぶしてあって捨てるだけ」のもんで・・・

感謝と同時に
主婦の細かな仕事に無頓着な夫を横目に
そっとダンボールの解体をするのでした(笑

犬には、今日はとうとう絶食とサンポ禁止令が出てるんですが
どっこい、本人は食べる気満々、サンポ満々な感じです。

・・・・元気だけが取り柄・・・

実家の愛犬が去年亡くなっているので、
時々ふっと不安感がよぎったりします。

ダメですねえ。

がんばろっっと。
[PR]
by fufunet1 | 2009-04-18 22:30 | IVFET★1の2凍結胚(-)