結婚10年目にしてICSI4回目の採卵移植で授かった息子は4歳児。そしてただいま二人目妊娠中。


by fufunet1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新しいひとたちと。

2日目のようちえんのフリースクールは
朝っぱらから嘔吐してお休み。

それも・・
それまで元気!テンション高!だったのに
毎日の仕事である、わんこのえさやりの為
ドッグフードの容器をあけた瞬間、
(パントリーの中でやっていた為、私は見ておらず)
泣きながら出てきて。。。。

もともとフードのにおいが嫌いだったので
たぶん、不意打ちだったんだろうな~(-_-;)

しばらく様子を見ましたが
ものすごい体力をもてあまし、
「えいごには行く!」と
いきたがるので、夕方は英語教室に。
その次の日は、ちょっとお腹がゆるくなり
自ら
「あったかいおちゃちょうだい・・(テンション低)」

今期は新しい出会いが結構あって楽しいです。

今週末、サプは保育ルームのお泊りに行くので
とにかく体力を温存させるため、プールやようちえんはお休みして
おうちで過ごしたり、大きなスーパーに買い物に行っったり。

先日、仕事の休みの日に大きなスーパーへ。
駐輪場でなんと、2年ぶりぐらいのママ友に会いました。
いや~ひっさしぶりーー!!

「離婚したんだー」
って聞いて、びっくり。

なんかすごくきれいになってて、ふっくらしてて。
幸せならいいよね~。
今度また遊ぶ約束をしてお別れしました。
(メアドを変えていたので連絡がとれなかったの)

それから、従妹がベビーベッドをとりにきました。
ダンナさんと車で。

結婚式以来かなあ、ダンナさんとは6年ぶり。
「○○(従妹の名)と結婚できて、良かった!」
と人前式で泣いていたダンナさん(笑)

いい人なんだよ~。

そんなダンナさんとの初めての子ども。
6年待って、治療もがんばって、初めての妊娠。

こんな幸せなことないよね、って
私もいろいろ思い出して幸せな気分になりました。
(治療中じゃないからね、一点の曇りもないよ)

サプはお腹をじっと見つめていて、
初めて、お腹の中で赤ちゃんが動いているってのを
実感したみたいです。

聴診器(どっかの科学本の付録)でお腹の中の音を聞いてみたけれど
心音は聞こえなくて、
助産師さんってすごいよね~と言いながら、
わいわいと聴診器あててました(/ω\)

従妹夫婦がまじめに長々と
「ねっころがってみたら聞こえるかも」
とかやっていたので、楽しくなり(爆)

さて、小さい頃からのママ友さんたちが
「ようちえん(通っている幼稚園ではない)のプール開放に行く」
という話をツイッタでしていて(7人ぐらいの非公開のグループ)
「上の子を幼稚園に預けて、下の子だけ連れていこう」
って話で盛り上がっていたので、話に入らず、傍観。

・・ということが増えましたね~(笑)

アカウント自体はそれ以外にももう1つあるので
主にそっちばっかりをメインに使ってます。
気を使われるのもあれだし、気を使うのもあれだし、
したかないのでね。

こういうことが増えると、
働いててよかったって微妙に思います(´艸`*)
仲間に入れなかったり、誘われなかったりする孤独感って
結構私にとっては大きくて苦痛なので
ライフスタイルが違うからねーぐらいの付き合い方が
いいんだな、と思います。
今はちょっと楽になったかな。

そこまで考えて運命が回っているのかしら?
(仕事が軌道に乗ってからのサプだったので)

普通の人はお金もかけず、体も苦痛にさらさず、
幸せに妊娠して、無事に出産して、
亡くした子なんかいなくて、ってことなんだよね~と
時々ふと思います。

どうでもいいことなんだけどね、そういうことを思うって
自分は自分に何を言い聞かせようとしているんだろうと不思議です。

あれだね、
歯を食いしばってがんばって
人並みに、世間様的に「ふつう」にたどりついたのに
そこはかとなく漂う、劣等生の自分に、ですかね。

以前「それが今世の課題なんじゃない?」って誰かに言われたけど
やだなあ、それ。

・・やだとかいっても
もう、誰から見ても事実なんだよなあ。




[PR]
by fufunet1 | 2014-07-31 22:33 | Stage2(休憩5回目)

私より

今日も水遊びへ。
前もってお友達と約束していたので
サプもアホみたいに遊んでました。
男の子ってフルに動くんだなーと
あきれて見てました。
動きの大半がふざけてますし。

この後、かなりの時間、昼寝したので
そうとう体力消耗したようです。

私も筋肉痛が軽くなってきた分、
暑い中動いたせいで、一緒に爆睡。

で。
夜、仕事も終わって、
シッターさんの作った夕飯を食べながら
べたべたくっついていたサプ。
「赤ちゃんはどうした?」

はい?

「赤ちゃんはまだ?」

はい?はい?

だしぬけになんですか・・(-_-;)

「まだこないらしいよ、いつくんのかしってる?」と私。
「11がつ」(即答)
(決まってんのかよ・・)

えー・・でも9月でおねがいしたい・・

今日水遊びの時に
お友達の弟の面倒をずっと見ていて、
楽しかったんだと思います。
おとうとがほしい、とよく口にするようにもなりました。

今更誰も私に言いませんが
あいかわらずの一番近場からの攻撃はじんわり効きます。

サプだって!
結婚10年目に初登場じゃん!
ずいぶんもったいぶって、登場したじゃん!

自分のこと棚にあげて!と、、
思ったりしています。

まあ、周りのお友達に妹や弟がいるのに
自分にいないのは、、、あれ?ってなるよねえ・・
ごめんよ。とかいっても、仕方ないけど。




[PR]
by fufunet1 | 2014-07-22 22:33 | Stage2調整周期

夏休み突入

祝日だと思ってやっていないと思っていた
近所のじゃぶじゃぶ池がえいぎょう中!

ということで、サプとふたり、チャリで行ってきました。
で、帰りは不健康にマック~
子どもも好きだし、たまにはいい(笑)

みんな
「こどもたちをようちえんに送ってから
 午前中に下の子を連れていく」ということなので
私には今年はまったく縁がなかったじゃぶじゃぶ。

・・ま、去年みたいに足しげく遊びに行こうとも思わないけど。
こちとら40ですしね・・体力がもたない(´Д`)

今日みたいに上の子がいても
暑い日は、下の子のことを考えて
子どもが2人いる人は外に出なかったりして
ふたりめのいる人とは
行動パターンがいまいちちがう!ということで
最近は単独行動に戻っております。
気楽です。

同級生が同じ年で、
上に小学生の兄姉、って感じだと
職業柄、というのと、
聞きたいこともあるし、ってことで
話も盛り上がるんだけど
どうにも(下の)ふたりめのトークにはまじれない。

もちろん、それは批難すべきことでもされることでもなくて、
(どちらの立場にしてもね)
単純に生活リズムや生活スタイルのちがいなんだけど、
そこがまた深い溝だな~と思います。

ようちえんに入って、
一人っ子の子も多いので、
前よりは疎外感はないんだけど、
どうにも小さいころからの仲間どうしだと
めんどくせーな、って思っちゃうこともある。
(そういう気分時はさくっと関わらないけど)
すでにいやいや期に入った2歳とか
え?もう1歳?とか。
人の子は速い。

その間、自分はあいかわらず
治療してもダメなわけで劣等感のしみを
ほじくられることはしたくないわけです。

去年はそれでも家建築中だったりして
忙しかったので、それなりに気も逸れてたんですが。

「そのうちできるだろう」っていうものすごい楽観的な気持ちもある。
ま、つらくて痛いいことをしなけりゃ前に進まない、っていう
(ふつう気持ちいいことしてできるんじゃねーの?ですからね)
いまさらな「嫌だよう」もありますが、
だてにひとりめの治療に長くかけたわけじゃない。
気持ちの持っていきかたの方向性は知ってます。

ようちえんにも6歳差~10歳差の子はざらにいるし、
(うちは私の年齢的にそんなに待てないが)
下の子が3歳、お兄ちゃんが小学生でも、
「ひとりっこじゃダメだと思って、わんこ飼ったのよね」
みたいな話も。(わんこ5歳)

みんなそれぞれの気持ちの持っていき方が
あるんだろうな~と思いをはせたりして
そういう意味ではようちえんの人たちと
知り合えてよかったなーとは思います。






[PR]
by fufunet1 | 2014-07-21 15:03 | Stage2(休憩5回目)

え?いまさら?

低気圧だ、台風だ、雷雨だというのを
タンタンと乗り切って毎日お弁当を作ってました。

あるトレーニングの日。
う~ん・・体が重いなあ~・・

ふつうだと少しすると体がこなれて
身体が軽くなるんですが、
どんどん重くなるし。

とはいえ、何かが強くあるってわけでもないので
ふつうにトレーニングをこなして帰宅し、次の日。

きーんにーくつう~!!

それも、
中学生の時、「オーバーナイトハイキング」という
徹夜で12時間歩き続ける、というイベントに出た後に
感じたのと同じぐらい・・超絶ひどいやつです。

当日は身体もバキバキ、眠りも浅くて
次の日は階段の昇り降りも苦痛。
だるいので、仕事も、急なことに対応できず、動けない。

サプの抱っこやおんぶなどもってのほか・・涙

で、今3日目なんですが
少し歩くのが楽になってきて
それでも太ももとか、、やばいです。

とりたてて大きなトレーニングを重ねたわけでも
なにか大きなできごとがあったわけでもないので
たぶん、体のバランスがくずれたんだろうな~とは思うんですが
この症状の出方は嫌だわ~・・

筋肉痛が出てくる前日、急にお腹(もろ子宮だけ)がぽっこりして
生理の出血もやたら長いし、
少し心配してたら、、全然違うところに出た(-_-;)
そして、急に体重が増えた・・

近くの婦人科でも受診して
残留卵胞がないかぐらいは診てもらおうかな~とか
筋腫に何か変化があったのか?とか。
それっていつものクリニック行くべきなの?と思ったり。
(でも待たされるしさー)

トレーニングをはじめて
自分の体に気を向けることも増えました。

良かったな~とは思います。

いつもは月曜日はトレーニングに行くのですが
あまりにひどい筋肉痛なので、ちょっとお休み。

・・お休みしたりすると食に向かうんだよなー

ということで、今日はパンを仕込みました。
明日の朝焼き上がりです。

お弁当のない朝、
すごーく楽です。

それから、せっかく手に入れたホームベーカリーなので
月に1回ぐらいはパンを焼く、とゆるりと決めています。

今お気に入りなのは
そもそもパンはあまり食べず、
お菓子、パンなど、
「正確にはかる」ものは作るのも苦手。
水入れるだけ!でこのクオリティ!のミックス、重宝しています。

食パンの形にやきあがるのですが
ざくざくと乱切りみたいにして
ママ友たちにもおやつで出したりします。
(↑ほとんど子供たちが食べてしまう笑)

糖質カットはじめてから
パンにジャム、に少し魅力を感じ始めて、
今はふつうに食べたりもします。

*******

先日、ようちえんの先生とお話。
サプが「人気あるんですよ」という話を聞く。

聞いた理由は2つ。
1つめは夫の遺伝だろうな~と思うようなことで、
2つめが、親としてうれしくて。

「鼻たれてても、食べかすがついてても
 シャツが出てても、まだまだ気づけない子が多い中で
 サプくんは、身だしなみがきっちりしている」

身だしなみがきっちりしている、って
親にとってはとてもうれしいことだな、と思いました。

家では「神経質だな、チッ」という面倒くささも
(色々うるさいんですよ。。下着をきっちりズボンインしてから
上着を着たい、だの、ボタンは下から1段だけ留める!だの)

外では「几帳面できっちりしている」になるんですね~(*´ω`*)

ま、大半は自分がしつけたことのような気もするので(笑)
仕事場でその話をしたら
「えー!あなた、几帳面なんですか?」
って言われる始末。

・・けっこう几帳面な部分はあるんですよ。。
サプと同じようなレベルで(^-^;



[PR]
by fufunet1 | 2014-07-20 21:39 | Stage2(休憩5回目)

おまもり

ちょっと動くと汗だくですね。
んまあ、サプ誕生の前は、冷え性すぎて大変だったので
体調は良くなったってことなんだろうけれど、
なにせ慣れていないので気持ち悪い・・

慣れてても気持ち悪いだろうけどさ~

全国では大変な被害になっていて、
子どもを亡くしたお母さんの気持ちを考えると
いたたまれない気持ちになります。

妊娠6か月、先月で仕事を退職した従妹が
サプのレッスンの為に
おうちに来てくれています。

おうちにくるのは久しぶりなので
先週、捨てられずおいてあったマタ服や授乳服を
こっちで選んでもらって(着ないのは捨てました)
宅配で送りました。

んで。
私がサプを無事妊娠し、出産が終わったので
従妹にわたっていた誕生石のペンダントが
私のもとへ帰ってきました。
(従妹も私も誕生月が一緒)

長年つけていたものなので
しっくりきます(笑)

昨日、サプと夕食をとっていると、
テレビから「夏祭り」が流れてきました。

♪きみがいた夏は
 遠い夢の中
 空に消えてった 
 打ち上げ花火

ということで、泣けました(笑)

7月に妊娠し、
8月の検診で飛んで行ったりく。

仕事が忙しかったのと、
感傷的な気持ちで
8月31日に手術をしたのです。

思えば、長くて短い夏でした。

その後、12月にサプがおなかにきてくれたので
涙のお正月ではなかったこと、
出産が8月初旬だったので
りくの命日(?)には
初の育児でワタワタしていて
悲しむ余裕などなかったこと。。。

人生ってうまくできてるのかな、と
思うような2年でした。

と、ペンダント1つで
いろいろ思い出がよみがえる・・

物には何かが宿るのかなあ・・

「次回は9月」
分かっていても、しんどいな~と思う時があります。

ただ、時々思うのは
もう生まないと決めたとしても
結局、自然に生める人をうらやましいな~と
思い続ける気持ちは変わらないんだろうなということ。

劣等感、なのかな。

根が深すぎて
人生の課題だとしても、
ちょっと気持ちを建て直さねば、といつも思います。

サプのお友達関係でも
ちょっといろいろあって、
考えることがたくさん。





[PR]
by fufunet1 | 2014-07-11 10:05 | Stage2(休憩5回目)

ダイエットふたたび

休憩も5回目ですよ。
ここまでいくとはだれが想像しました?
あわれですね~"(-""-)"

時々いーってなりますが
ほどほどに元気です。

昨日、ママ友と話をしていて
「えだまめ。さんは本気になって、
がむしゃらになった結果、成功するタイプよ~」
と言われました(苦笑)
(ちなみに、彼女はあきらめて力を抜かないと成功しないタイプだそうです)

ということは・・本気度が足りなかったらしいです(-_-;)

さて、その話の続きで。

今回、ダイエットになぜこんなにはまったのか、という話をしていて、
確かに、新鮮胚移植をしたかった、というのが
モチベーションの始まりではあったんだけれど・・
治療の中で、トレーニングロスみたいなことになり、
あ、ちがう、
トレーニング自体にモチベーションを持ってこられてたんだ、と
気づきました。

私は、小さいころから
(親の育て方だろうとは思うんですが)
劣等感が強く、
いまだ、それをひきずっている部分があります。

子どもがいない、ということに対して
人よりも劣等感が大きかったのかもしれません。
(すぐに人がうらやましくなるし)
今回、ふたりめの治療も2年目に入り、
全然うまくはいかないなあ・・というところでの
トレーニング!だったわけです。

結果が出れば、
周りに言ってもらえるし、
なんたっておしゃれが楽しい。

劣等感を満たすのには
とても都合が良かったんだな~と思います。

ただ、治療の間に
糖尿薬を飲んだので、
炭水化物をまったくとらない生活を
辞めざるを得ず、
今、また糖質カット生活を始めていますが
「自然に~」より「我慢!」ということになっています。

たった2週間のことなのに、
習慣とは恐ろしい。

実は、ようちえんの行事って
だいたい治療あけになっていて、
残っている写真は・・身体がむくんでみっともない・・

すっきりしていた治療前の
写真がひとつもないので、しまった!と思っています。

とりあえずさすがに2年すぎると焦る気持ちもあります。
ああやだやだ。このループに結局足を突っ込まざるをえないのか・・

嫌な思いをして、嫌な奴になって
振り回されて、デブになって・・

結果が出ないと、ずぶずぶはまりこんでいくこの世界。

とりあえず夏休みは旅行を計画中。




[PR]
by fufunet1 | 2014-07-07 11:40 | Stage2(休憩5回目)

ワンクール終了

結果から言うと、移植できませんでした。
1つは変性卵、1つはICSIでも受精せず。

あきらめてはいたものの
改めて現実をつきつけられて
待合でちょっぴりうるっと来ましたが、
今回、いろんなことが去年より違うので
まだいけるし、と前向きにはなりました。

今回は私の負担だけでなく、
夫の負担も少なくてすみました。

夫がかんでたのは
採卵の日と移植の日(本日)だけ。
保育ルームも1回だけの利用。
移植のお金も払ってくれるって約束してもらえたし、
採卵の日と移植の日は送迎してもらえる約束も。
(何度も言って恐縮ですが、いちおうお伝えしておくと
 わたしはPDなので、乗り物に乗ることがストレス、
 薬の服用も必要になります)

夫の中でも
「うん、今回は俺も楽」
だったそうです。

そうだよね、家族みんなで分かち合うことかもしれないけれど
家族みんなに負担がかかるのはダメだよね。
そう思ったり。

9月に再開しまーすという話で。

12時には帰宅しましたが、
すぐに洗濯2回目、3回目、
仕事場で事務的な仕事、銀行などなど。

で、ぜんぜん暗い話。

2回目の移植で薬を飲み忘れ、(しつこいけど)
3回目の移植は大雪に振り回され移植日が二転三転。
4回目の移植(今回)は注射の失敗(しつこいけど)にての撃沈。

言われれば
「なんかうまく回らなかったんだよね」ってことなんだけれど
こんな迂回させる必要ある?って感じです(-_-;)

全然スムーズに行ってないじゃん・・

んまあ、過去、サプを授かるまでも実は同じような感じで
こちらは自分での失敗は全くなかったのだけれど
(毎回が通院なので、医学的なことを自分ではやらないし)
あの時は、わんこが入院したり、体調崩したり、
身内にトラブルが発生したり、知り合いに突然攻撃されたり
・・今思い返しても、震え上がりますよ(苦笑)

それに比べれば!とは思えないんだけれど
ただ、サプよりも治療歴が長くなりました。

サプは採卵3回目の新鮮胚移植です。
移植としては4回目か。
(採卵2回目移植3回目にはりくがお腹に入っています)
すでに採卵2回を終え、移植だけならサプを超えて
4回の移植を終えてます。

採卵とか移植の間を詰めて詰めて、どんどんやってたので
年数的にはサプよりは長引かないよー2回目だし♪

・・なんてのはもう通り超えました(^-^;

採卵の日、夫がようちえんに迎えに行ったのですが
んまあ、ねほりはほり聞かれたみたいで
「具合が悪いらしい」
で通したという夫。

次の日には「内膜症で生理痛がひどい」ってことにしておきました。
通院が入ったので、ようちえんのクラス懇談会も欠席。

今日もお迎えは保育ルームの先生で
また何か聞かれるとめんどいので
お迎えの時間をずらしてもらいました。

それでも、今回の採卵の負担の軽さのおかげで
明らかに何か言い訳を・・・ってことがなくてすんだのもうれしい。

9月からは仕事も佳境に入るのだけれど、
サプの時も仕事はしていたので(サプは12月判定)
そこらへんはなんとかなるかな。

とりあえず夏は思いっきり働いて
貯金をしようと思います。

サプは今日は予定どおり保育ルームへ。
ついでなので
がっつり仕事してます。

夏はどこかへ旅行しようかな~と考えています。
去年はおうち建築のことでもめにもめていたので。

あとはトレーニングの再開。
結局体重はキープできましたが、
ダラダラした生活のせいなのか、二重あごカムバック。
何を着てもゆるーく見えてしまう・・・

サプももうすぐ4歳です。




[PR]
by fufunet1 | 2014-07-02 15:15 | Stage2(ICSI採卵周期2)