結婚10年目にしてICSI4回目の採卵移植で授かった息子は4歳児。そしてただいま二人目妊娠中。


by fufunet1
カレンダー

<   2013年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

淡々騒然

朝イチで注射に来いと言われたので、本日は注射。
すぐに呼ばれて、すぐに注射して、終了。

自己注射までしてたくせに、もう怖い。
そういえば、従姉妹が
「デポーってやつが痛いよね~」

・・プロゲテボー?

デポーて(笑)

結果、全然痛くなくて
「じょうずですねー!!」ってハイテンションな私。
これからの注射がすべてこれだといいのに。(ムリ)

さて、朝早いので、サプも連れて病院の近くまで行き、
夫が始業時間までサプと喫茶店で待っているという手はず。

そこからのー
まさかのー
きのうからのー
ヘルパンギーナ(-_-)

今日は熱は下がっていて治ってるんだけれど
熱が下がった次の日に連れ回すのも気が引けて
朝から実母に頼りました。

ただ、もうあっさり熱が下がって元気なのよ、これまた(・_・、)

熱がないのに、中途半端に家に閉じこめておかなくてはならない3歳児、
みんな、どうしてるんだろう・・

とりあえず箱をひっくり返し、
棒を振り回しております。

しかたないので、少し体力を使ってもらおうと
昼前にマックに連れて行きました・・
(食べたのは家だけど)

私はといえば、8時に出て、10時前には帰宅したのでびっくりされました。
実母が家中のものを干してました。
何度か聞かれたんだけれど、言いたくなかった移植日。
めんどくさいので実母にも言っちゃいました。

帰宅したら、あっちこちの窓が全開で
ふとんから何から干されてて
エアコンのリモコンを紛失されました・・

家に人の手が入ると
あっというまにものがなくなったり
何かを忘れたりしますよね。
自分がしないことをされるので。

面倒を見てくれるのはありがたいし、
家事をしてもらえるのもうれしいけど
何となく家のあれこれを見られるのは苦手。
なぜなら・・
この人は人のメールとかも勝手に見ます。
何度言っても悪気がないんだよな・・
設計士さんからのメールとか
自分からのメールだからいーじゃん、みたいな。

・・ダメだろ・・

子どもの頃の色々を夫に言うと、
夫は
「お母さんはどういう人間になって欲しかったのだろうね」
とため息をつきながら言います。

ということで、私は今、こんなふうに育っています。
弟は、いまだ抜けきれず、いろいろ大変です。

なんで私のことをそこまで信用できなかったんだろう、と思うし、
なぜ、私もそれでもそれほどの反抗をしなかったんだろうと思うほど。

ちょっと話はそれましたが・・
だから、母がくる日はPCの電源を落としておきます。
今日は、忘れてて!

さて、移植といえば、さらにこの母
「邪魔すんなよー」
があります。

結構「ふだんどおりのんびり」させてくれないんですよね。
あーだ、こーだ、
どうなの、したの、しないの、
咳の吸入なんてしたらダメ、安定剤?なにかんがえてんの、
ごちゃごちゃごちゃごちゃ・・

サプ妊娠時は
またダメだったらどうするのとかこれまた大変だった・・
電話してくんな!と切っちゃったし(笑)

移植前、移植後に具合の悪くなるうちの犬は
今回は平気そう。

我が家のヒトビト(ときどきワンコ)は
移植後に風邪ひいたり、熱出したり、下痢したりするので
もうまったく、みんなしてどういう・・(-_-)

今回は1人増えてるけど、大丈夫だと思いたい。

私は案外淡々としてるんだけどなー
淡々というより、いつもどおり。

まわりがちょっとうるさい。


にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-08-08 17:11 | Stage2移植周期1凍結BT(-)

円滑決裁

移植日が決まりました。

今日は院長先生が不在らしく、(名前はあったんだけどな)
美人だけどさばさばっと男らしい女性の先生。
看護婦さんも見たことないひと~。

移植の日決めるのに、
知ってる先生でも知ってる看護婦さんでもないのが
これまた不安をさそって、一瞬ひるむ。
だって、何も決めてないんだもん。

ちゃっちゃか内診した後
「どうするか決めてきた?」
から始まった怒濤の会話。

とにかく決定が早い。
あんまりにも次から次へと
フローチャート出されるので、
私がついていくのに必死だよ(笑)

カルテ見ながら
「コレ、移植でいいの?」
「いや、もひとついい子が」
「あ、ほんとだ、かくれてた、いい子が」(←カルテの下の方にいた)
「じゃ、こっちのいい子で。」
・・おもしろ。

あまりにもついていけないので
何度も同じことを聞いたらしく(たぶん)

「基礎体温表に書いたから!」
「基礎体温表見たらわかるから!」

と何度も言われる。

ついていけない・・そして
・・読めない・・涙

子ども達のひっちゃかな字を解読するのが得意な私も
一瞬、かたまる。
まあ、よく読めないが、この日にくればいいんだな、とやっと理解して。

うん、凍結移植の日程、
初めてみたいなもんなので、全然分かんないんですよ。

前回(5年前)と違うんだなーと唯一分かるのは
高温期の注射の回数が多いってことぐらいか。
サプの時は判定日まで1回だけで、
あとは薬でした。
やり方が変わったのかな。
薬からわざわざ注射に変えているということは
注射の方が確率が高くなるのかなあ。。
今回は1週間に2回のペースで、4回通います。

とちゅうで旅行がはさまる時だけ
注射の日程を調整してもらいました。
(これだって会話にはさむのに必死)
「薬でもいーよ」って言われたんだけれど
↑上の話を考えると、「注射に来ます」って言うよね。

仕事の日程とにらめっこかな。
結構忙しい毎日のくせに、
移植、注射の日程には
仕事が入っているのが1日だけだったので
(これはこれですごいな)
それはちょっとお願いしないと。

結果、印象に残った言葉が2つ。

2段階移植について。
「上にひとり、おこさんいるんでしょ?
 2段階移植したら、ふたごになっちゃうよ」

また出血したらどうしよう~という私に
「そんなもんは運だね。でも、崩壊するような10㎜(内膜)じゃない」

そうすか!と
普通に納得する勢いで、
拡張胚盤胞移植の、1週間後の移植と
あっさり決定しました。

ぐだぐだ悩むよりは良かったのかも、しれない、かなー(^_^;)


にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-08-05 22:04 | Stage2移植周期1凍結BT(-)

先長禁弱

出血は完全に止まりました。
夜、エストラーナの貼り替え忘れ、朝慌てて。
今度はおりものの嵐。。

ドラッグストアで「水に流せる」おりものシートをゲット。
実はナプキンもあって、以前から使ってます。

仕事柄、場所柄、
そうそう簡単にはナプキンを持ち込んでかえられないので
大型ナプの上に水に流せるのをはります。
ゴミが出ないので気楽です。
ちなみにサプ出産前までは布ナプ使ってました。
今は洗濯の関係で使ってないけれど
またそのうち復活させたいな。使用感は悪くないので。

おととい、昨日、とお出かけで忙しくて。
民族衣装にて3歳の記念写真を撮りに行き(実母Verなので某ホテル)
次の日は、新居に置くピアノを選びに渋谷のほうへ。

ばたばたしていたらもう8月2日Σ( ̄ロ ̄lll)

PD母としては
「行かなくてはならない」目的があれば
あちこち出かけられるようになっただけでもヨシであり、
(頓服の種類をかえたらどうか、という友人達談←効果が分からないのにその後眠くなる)
誰かにくっついてきてもらわないでも
わりと行動できるようになっているのは、少し進歩なんである。

妊娠したあかつきには、
元にもどっちゃうんだけどね・・・たぶん・・(^_^;)

「妊娠」に対して邁進していたサプの頃は
いつも妊娠を夢見ていたけれど、
今回のはちょっと違って、現実味がない。
今の生活が長いからかな。
こんなにイメージがなくてもいいものか、とかなり不安。
いや、それがいいのかもしれない?と思ってみたり。

今でも時々サプがいることが不思議になることもあるし。
サプと会話してることが、夢の中にいるみたいに思うこともある。

さて。明日からサプは初のお泊まりに行きます。
朝、夫と一緒にサプを集合場所まで送っていく予定があったのに
私ってば、二転三転で仕事を入れてしまい、
なんか、まわりに迷惑かけることになってしまって
やっぱりどよ~んとしていたのでした。

ちょっとしんどくなると、てきめんに気持ちにきます。
心に余裕がないと、
言わなくちゃいけないこと、気遣わなくちゃいけないところに
後で気づくことになって、タイミングを逃したりして
ガックシ。

でもそれって、この最近(この1年?)のことなので
ホルモンの変化なのか、
サプをふくめる周りの環境の激変のせいなのかも。

ちょうど、知り合って2年が経ち、ママ友関係も過渡期だし、
(割と何でも話すけど、まだまだ「装う」が抜けない)
きっとあと5,6年はこんな感じなのかもしれないなあ。

あ、なんか茫漠としてきた・・(-_-)


にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-08-02 21:40 | Stage2移植周期1凍結BT(-)