結婚10年目にしてICSI4回目の採卵移植で授かった息子は4歳児。そしてただいま二人目妊娠中。


by fufunet1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

協力を求める

毎日洗濯物のことばかり考えています(-_-)
タオルだけが臭いので(他の洗濯物は部屋干しでも平気)
除湿器を買いました!

オットがすでにこの家(仮住)に飽きていて
洗濯物ひとつとっても、イライラするようです。←オットが干す

いい家なんですけどね。
庭は猫のトイレだし、
庭というより土だし、
先月抜いたばかりなのに、また雑草ボーボーだし
突っ張り棒は落ちるし(壁が柔らかい模様)
ベランダは狭いし(前の家は洗濯モノは屋上だったので)
坂の途中だし
自転車をしまうたびにどっかに擦り傷できるし(庭にもたくさんの段差有)
ゴミはあさられるし(主に猫とカラス。そして隣の家のとかも飛んでくる)
・・なにせ、せまいよ!

以上、オットのクレーム。

私は生活範囲が変わってしまったことで
いろんなところが「遠い」と思ってるぐらいです。

今の方が掃除しやすいし~
すぐに洗濯物洗えるし、干せるし、洗い物もできるし、・・と
家事動線がいいよね。

仕事場と家の距離が遠いことと、
帰宅するまでの道が暗すぎて怖い、ことが、私の不満。
(ここはホントに都内か?と思うほど。学校が近くにあるからかもなんだけど)

秋までの我慢だし。

さて、お腹がパンパンです。
この感覚、久々だなあ。
別に薬使ってるわけじゃないのにパンパンになるのは
珍しいわけではなくて、
でも、治療を始めてからひどくなりました。

下腹部とかじゃなくて、胃のあたりから
もうぷっくりふくれるのでさながら妊婦テイスト。

高温期のお腹のはり、
今この状態じゃあ、困るなあ・・

そう、治療を始めると私はとたんに洋服に困る。
お腹のはり(腫れ)もすごいので
ふだん着ている服、ウエストは入っても
「なんか嫌」みたいなことを思いはじめ、
着られる服が限られてきます。なんてこった。

・・ということを今日思い出しました。

不思議なことに、いや・・不思議じゃないか。。
従姉妹も同じ感じだそうで、よくわかりあってます。
息苦しくもなるので、どうにかしたいんだけれど、
これも体質なのかも。

さて、保育ルームの先生に治療をカミングアウト。
早めの時間から遅くまで預かってもらうことも出てくるだろうし、
急に「今日おねがいします」って、
理由も説明せずに預けるのも変だし。

「できる限り協力します、がんばってね」
と言っていただいて、ほっと安心。

過去にも何人かいたんだって。
(一時あずかりかな?)

ひさびさに支援センターのプログラムを欠席しました。
もうエネルギー切れ(笑)

たかだか週1回のお弁当につぶされそうになり、
「おつきあい」で自分に辟易し、
どうやら「ひとりで遊ぶのが好き」なサプにいらっとしたり。

そういうのが全部なくて
今日は楽でした。

昨日は「家族ゲーム」をがっつりちゃんと見て、
なんだかものすごく静かな夜で、安定していました。

たまにはこういう日を作らないとダメだな。

あと1週間前後で忙しくなるのだから、
ちょっとのんびりしようっと。



にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-05-30 20:09 | Stage2(プレ)

おくすり副作用

登山の子、見つかって良かったね~とニュースを見ていたら
例のごとく、サプが矢継ぎ早に質問。
「なんでよかったの」
「山で迷子になってたお兄ちゃんとお姉ちゃんが見つかったから」
「なんでまいごなの」
「ぼんやりしてたんじゃない?」
「なんでぼんやりしてたの?」
「つかれてたとか」
「なんでつかれてたの?」
「たくさん歩いたからじゃない?」
「なんでたくさんあるいたの」

イッツ、ソウ、ループ!

「進撃の巨人」のアニメにはまっております。。
(コミック買うほど巨人に慣れず、気持ち悪くてダメ)

血圧が120前後、80前後で安定し始めて、
少し自分の体に慣れてきたと思ったら
今日、「74ー108」。
・・大丈夫なんかいな・・と思いました。
それほど変体調に変化はなかったので。

糖尿薬、いい仕事してるようで
しっかり毎日お腹くだしてます。
くだしてるうえに、よく出るもんだから、外出中気が気でならない。

今日は支援センターでひさびさにお友達に会っておしゃべり。
私はどちらかというとぺらぺらとよくしゃべり、
いいたいことを全部言っちゃったり、
考えて考えた末、言っちゃダメなことを言ってしまったり(ダメなヤツ・・)、
でも、その人のことをたくさん考えてしまって
家でも考えてしまったりするタイプ。

彼女は家に帰ると「なにもかんがえなくなる」んだそうで。
口が重いので、人にものがうまく伝えられなくて、もどかしいから
私がうらやましい、と。

えーー!!
私は彼女の口の重さというか、そういうのがうらやましいのに!

人それぞれだなあ~・・

今まで彼女には話したことのなかったこととか
いろいろ話していたら・・便意。
んもう、薬ったら、いい仕事してやがる。
もっときちんと話したかったのに!

今朝はサプの美容院に行ってから大工さんに差し入れをして、
支援センターへ行き、その後お友達とランチ。

もっと食べたかったサプがごねるので
「帰りにケーキ買って帰ろう!」と言ったところ、
帰り道、
「ケーキ、ケーキかうんでしょう~?」
と拍手している。

ちっ、覚えてるのか・・

しかたなくローソンに寄ったところ、
「ここはケーキ屋じゃない、おれが行きたいのはおうちの近くのケーキ屋だ」
とぎゃーつく言いだし、ちょっと話し合い。

近くを通りかかったおばさまに
「そうね~、●●のケーキは美味しいものねえ~・・」

・・結果、私の敗北、
近くの某有名ケーキ屋さんで800円(!)も出してケーキを2つ買ったのでした・・

明日はローンのことで朝から銀行です。


にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-05-28 23:10 | Stage2(プレ)

5がつ・にかいめ!

クリニックに1日がかりでした。
午前中はニョロンの検査と私の内診。

なんとな~くぐだぐだなキソタイオンだったけれど
(サプ出産前は判を押したようにきっちりだった)
がくっと下がった日があって、
それもD10とかそこらで、ちょっと焦りました。

案の定、排卵済みっぽいとのこと。
内診だけなんで「たぶん」だけど。

そんで、聞いて聞いて。
夫のニョロンの結果!
「採取量も少ないのでなんとも言えないけれど・・
 採取量も少ない、数も少ない、活動もちょっと」
で再検査となりました。

絶対、酒だよ!酒!
おまえ、いったい人生でどんだけ酒飲む気だよ!

毎年4月に行われる人間ドッグは
判定Aとかで帰ってくるんですけどね。
「どうら、ほれみたことか」
みたいに、メール添付で送ってきやがります(-_-)

でもニョロンの検査でこうなっちゃうとアレですよね。
ちゃんと出てるってことですよね。

でも院長はこの後行われた説明会で言いました。
「ICSIなら1匹いればいいからね~」

そりゃそうなんだけど・・
なんか腹立ちません?

とりあえず私のPCOSや年齢のことも考えて
もう1度カウンセラーさんと面談。

サプの時は(しつこいかもしれんけど)
●糖尿病薬を飲んだ。
 ↓
●1回目は20個以上でOHSS一歩手前。
お腹が腫れて、歩くのも困難になり、3㎏増加。
その後の採卵ではOHSSの可能性も考えての誘発だったからなのか
「ちょっと痛い」ぐらいで、
3回目以降の採卵では糖尿病薬のせいなのか、15個前後の採卵で
次の日にはすでに仕事ができるまでに回復。

●OHSSではなかったため、新鮮胚移植ができた。
(OHSSの為の凍結移植過去2回は陰性だった
 陰性だったので凍結の残りを移植せず、採卵を決める。
 当時、ドクターには体や精神的な負担を考えて反対されたなあ・・)

●2回、ふりかけも(スプリット?)やってもらったが、結局変成したり、受精せず、で
 そもそもICSIのものしか残らなかった。

●りくの時は移植受精卵1個のみ、サプの時は移植受精卵2個が残っただけ。
(りくはbcで1個移植、サプはbbとabの2つ←2個移植、凍結ナシ)

ということから・・

最初からすべてをICSIにしたい、という気持ちがあって、
ことのデメリットが聞きたくて。
結果、全部ICSIでも良いそうです。

ちょっとばかり合理的になりすぎている自分もいて
どうなんだろうと思う部分もあるけれど。

この日は糖尿病薬を1か月分いただきました。
降圧剤と一緒に服用開始。
今朝飲んでみたけれど、前にあった「吐き気」の副作用はなし。

前日焼肉だったからなのか
夜中お腹を壊して何度かトイレに行ったんだけれど
そのわりには平気かな。

面談してもらうときに
以前のカルテを見せてもらったんだけれど、
なんかちょっと感動しました。
記録を見ると、ものすごくいろんなことが思い出されました。

その時の夫のニョロンは
「活動が活発」だったそうで(だけが評価?)
そりゃダンシが生まれるだろうな~と納得。
その話はコチラ

診察室でよく泣いたなあ・・
そしてすごいなあ、医学。

帰宅後、すぐに設計士さんとキッチンやトイレ、
ドアにつかう木材の打ち合わせ。

大きく見ないとイメージが湧かなくて微妙。


にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-05-26 15:01 | Stage2(プレ)

その日の前に

明日はひさびさのクリニックです。
体温が微妙なので、いちおう内診はあるだろうけど、
どうなってるんだろうな~・・という感じ。

降圧剤のせいなのか、
気圧とか気候のせいなのか、吐き気があります。

なんか猛烈に「炭酸が飲みたい」という吐き気。
・・つわりみたい・・

ということは、もしかしたら排卵前後のホルモンかな。
常日頃「絶好調」ってことはないのでいつも通りなんだけれど。

しっかし予約が微妙。
午前中に夫の精子検査があって、
午後にIVFの説明会に参加しなければならない・・(必須)

みんなで一緒に病院近くまで行き、
サプは夫と会社に出勤し、私は病院に検査モノを持っていく。

今回の説明会は私だけ出るので、夫は仕事が終わればサプとぶらぶら。
(前回・・5年前は夫と一緒に出たよ)
帰宅して設計士さんと打ち合わせ。

明日は安定剤飲んでいくかな。



にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-05-26 14:41 | Stage2(プレ)

遺伝と体質と・・家。

今日初めて大工さんに差し入れしてきました。
幼稚園の頃、祖父母宅を新築していて、
祖母と一緒にお茶だしをしたことを思い出しました。

サプの心にも残るといいな。
・・2歳の記憶なんてとんでくかなあ。

さて、今日は循環器科血液検査の結果。
驚くことに肝機能の値が少し・・というだけで(それでも正常範囲内)
糖尿の可能性限りなく薄く、血圧にかかわる値は異常なし、
中性脂肪もコレステロールも平均値!

ただ、不妊治療にてメルビン(糖尿薬)を飲んでいて改善されたんだったら
遺伝的にそういう素質があるんだろうということ、
血圧は、それこそ遺伝と体質だろう、と。

酒は1滴も飲まないのに、の肝臓も体質。

そしてそして!
中性脂肪とコレステロール!

やっぱり乙女心としては気になりまして、
「・・なぜデブなんでせう・・」
と聞いたならば
「これも体質と遺伝でしょうね~
 世の中、よく分からないことって多いんですよね~」とニヤリ。

この先生、好きかも、と思ったのでした。

夫に言ってやろう。
私の腹がへこまないのは「遺伝と体質だ」と!笑

その後、支援センターでママ友さんと話していて
内臓の基礎代謝の問題なんだよね~トークをしてました。
代謝悪いんですよね~私も。

今日はいつものママ友さんたちより
他の人と話をしたりして、意外な事実も知ったりして面白かった。

今建ててるおうちをみんなが誉めてくれるので
とてもうれしい。

外から見ると、ガッツリ鉄筋4階建てだし目立つようで。
「サプ君ち、すんごい頑丈なの建ってるね!」って。

で、あるママ友さんに
「今の工務店、大工さん(?)達の対応がなんていうのか・・上品って言ってたじゃん?
 ほんとだったよ!」
ってある日のできごとを話してくれました。

その話を聞いても
この工務店にお仕事頼んで良かったな~って思いました。
ローンは重いけど!(-_-)


にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-05-23 14:53 | Stage2(プレ)

じゅんかんしてます

循環器科受診しました。
「初期の高血圧ね」

今日の一文は長くて読みにくいです。ゴメンナサイ。

いい病院だな~と思ったのは
キッズスペースが待合室の奥の方にあって
ちょうど他の患者さんから見えないところにあることで
さらに、看護婦さんがみんなちょうど50代60代ってところで
サプにくっついて歩いてくれて、
遊んでくれてたところ。

子育て世代にはものすご~くいい病院でした。

で、ドクター。
「しょっぱいもの食べないでしょ?」

・・食べないでしょ?って・・どういう意味だ・・

「・・いや、自覚がないわけじゃないんですが、
 まあ、人よりは食べるってわけじゃないです」
(酒飲まないし、煙草吸わないしね)

謎。

いちおう、PCOSの治療で糖尿薬を飲んだこと、
それでPCOSの改善が見られたことを話し、
祖父の遺伝もあろうかと、(高血圧は母の遺伝)
糖尿の検査もともにしてもらうことに~

食事も運動も、
気をつけなくても、血圧は上がらない人もたくさんいるし、
糖尿にならない人もいるわけで、
遺伝的に、私は危ない、それは仕方ないことだと思う、とのこと。

降圧剤は一番軽いのを処方されました。

「だって子育てしてて
 運動だ、食事制限だ、って無理でしょ?」

ハイ、そのとおりです・・(^_^;)

気をつけようとは思うけど、、、
頭痛は改善したようなしないような・・よく分からず。

その後、婦人科のクリニックへ行き、
今までのいろんな検査結果をもらってきました。

治療の注射がここでお願いできること、
妊娠が叶ったら、出産までの定期検診ができること、を確認して帰宅。

その後、母と話を。
母曰く「血圧が高いことに慣れているので、降圧剤に慣れるまでだるくなる」そうで
その通り、昼寝をしたら起きられず、難儀しました。。。

もう明日は水曜日で、弁当を作り、
明後日、明明後日は忙しく、あっというまに土曜日が来ちゃいそうです。

あ、そうだ、
「ふたりめ」の為に
診察券を入れるための母子手帳ケースを買いました。

サプの時は、支払いとか、整理ができず買いました。
母子手帳ケースみたいなやつです。
それまで5年間治療していたわけですが、
レシートだの検査結果だのが増えすぎて、
IVFに切り替えたときに買いました。
お守りとか、受精卵の写真とか、
卵の写真とか、検査の結果やら、やっぱり大量になり。
その矢先の妊娠判明で
すべてそこに入れて箱に入れ、
母子手帳ケースは別に買いました。

今や、もう、どれがサプの受精卵なのか、
どれがどれなのかさっぱり分からなくなり
あいかわらずA型らしからぬ「めんどくさがり」が露呈。

ということで、今回も母子手帳ケースで購入。
こいうことだけでも気分あげていきたいものです。

これからお金がとんでいくことを考えると
ちょっと財布のひもしめなくちゃな、と今月のカードの請求を見て思いました・・
夫に借りようっと。。

サプがいなかった時、
子どもができたら、こんなにお金が飛んでいくこともないだろうと
思っていましたが、
いや、ところがどっこい、同じくらい、いやそれ以上に
お金がとんでいきます。

やばいです。そっち!


にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-05-21 23:10 | Stage2(プレ)
血圧メモ。

3日間、朝夜はかりました。
下は90~95
上は138~140

高いっつーの。

サプの母子手帳を確認したら
下が75~85
上が120~140

妊娠中より高いのか~・・

とりあえず明日はAIHをしてもらったクリニックに
もろもろの結果をもらいに行くつもりで、
火曜日に血圧の病院かな。

仕事柄っつーのもあり
最近、「今でしょ」の先生をよく見ます。

子どもの知的好奇心をどれだけ満たしてやるか、
3歳から5歳にどれだけ学びのおもしろさをおしえてやったか・・

私もよく思うことだけれど
人の口から聞くと、気持ちを新たにするよね。

私としては。
勉強ができる、できない、じゃなくて
人が何かを説明してくれた時、
なんでもおもしろいと思い、ちゃんと理解できる子、というのが理想です。

私は経営者側なんだけれど
アルバイトでくる大学生や社会人は実はほぼT大生。

彼らのご両親の話や、小さい頃の過ごし方なんて
聞いたら面白くて、目からうろこです。

結局彼らは「何でも理解できる」し、「何でも実行できる」わけで、
時間をかけて地道に歩んでいく私と違って
なんだか「すごい」わけです。

サプもそういう人になってほしいな~と思っているけれど
結局とりたてて何かさせているわけではない。

「とりあえず体力」が今の目標。

ただ、サプは驚くほどのおしゃべり男で、
保育ルームの先生も
「言い直したり、時間かけたりしても
 自分の言いたい、長い文を言い切っている」ことを
ほめてくれます。

職業柄、子どもがしゃべってるのはわりと「つぼ」で
聞いてても飽きないので、体力とか気力が普通にある状態ならば
楽しくて仕方ない。

「おで、にゅーちゅみるんだー」
とか言ってニュースと見ながら
「ひがいじょちぇー」とか「けーちゃつでしらびぇてましゅ」とか
ぶつぶつ言ってます。

被害女性って、あんた。
言葉のチョイスが変。

私は「母親は言葉と情緒を教えるもん」だと思っているので
(決して数字を教えてはいけません、と思います)
このまま進んでみようと思います。

ただ、、、
たった5秒黙っててくれねーかな~と思うこともたびたび。

先日お通夜があったり、上棟式があったりして
「絶対連れて行けない」と思います。

もちろんいろんな意味も含め、ヤツは病院も無理(^_^;)

でも、
「ねえねえ!おそらがピンクだよ!きれいねー」
とか言ってくれるひとがいつもそばにいる、というのは
とても楽しいことだなと思います。

そんなのがもう1人。
我が家にやってきてくれるといいなと思います。

とりあえずサプが
「かみさまにたのみにいくの。おで、ひとりでいけるんだよ!」
とか言ってるので頼りにしてます。
[PR]
by fufunet1 | 2013-05-19 23:51 | Stage2(プレ)

頭痛が痛い

血圧の問題なのかな~とうすうすは感じてるんだけど。
amazonで血圧計をぽちったので、届くの待ち。

来週頭に血圧について受診予定・・
(実は実父の専門は循環器と薬学←だけど、身内は色々問題が)

カウンセリングでいわれたのは 
「次回も出産する予定の総合病院で診てもらえば」ということ。

1日仕事だな・・
時間とれるかな・・

今週、本当に忙しくて、
頭痛のひどさに、人生初の鎮痛剤を買って飲みました。

口が腫れなくて良かった。

お弁当を食べながらママ友さんと話していたら
「更年期障害かも」
という話になり、えー!そんな歳じゃないでしょー!
でもあてはまるんだよね~・・なんて。

血圧だ、更年期だ、と
そういう話が出る歳なのかしら。

明日は午前中英語に行ってから棟上げの予定だったんだけれど
英語はお休みしてゆっくりしようと思います。

さて、今日もお弁当(作り)をクリアして
1日が終わりました。

サプの帰宅を待つ間、ブログ更新。

午前中は支援センターのプログラム。
0歳の時に・・
「思いこみ」ではなく「たぶん?確実に?」
しゃべってくれないママさんがいて。
その時は
自分の有益な情報をくれるママさんとしか
しゃべらないのかな~ぐらいに思ってました。
「月齢が上の子」「ふたりめの子」「習い事行ってる子」
よくしゃべる、そのママさん、
小さい教室なので、聞こえるんですよね。
誰にでも話しかけているのだと見せかけておいて、
そうではなくて。
しゃべってる内容が結構教えて!って感じだったので
そう思ってたんだけど。

2歳になり、またプログラムで一緒になり。
人数も多いのでそれほど気にならなかったんだけど
今日、子ども同士が同じおもちゃをとりあってた時の対応で超確信。
「このひと、わたしのこと嫌いなんだな」

0歳の時になんかしたのかな~私。
嫌われるほどしゃべったことがないのでアレなんだけど。
考えてもしかたないんだけどさ、なんかすご~く嫌な感じ。

やだね。この歳になってそういう態度されるのって。
こういうことは仲良くしているママさんたちにもなかなか話せないので
もやもやっとしたままです。

夫とふたりきりの生活の時は
どうでもいいことだと思っていたことが
(夫が帰化してないとか、私がPDだとか、不妊治療してたとか)
もしかしたら、大きな何かの原因になるかもしれないということを
最近感じていて、気をつけなくちゃな、と思います。
普通に話したことが
相手にとっては全然違う世界のことだったりして
そのことで偏見を持たれることは大いにあることで、
でもそれはサプがもう少し大きくなって、きちんと理解ができるまで
守っていかなくちゃいけないことなのかもしれない。

子どもを守ることって
自分を守ることとは違うんだなと感じる毎日。


にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-05-16 19:52 | Stage2(プレ)

準備期間

このブログ、メモがわりに使ってるんですが
感情の羅列ばかりで情報少なっ!と思いました(^_^;)

今日久々にクリニックへ。

カウンセラーさんとの話、
ドクターとの話(初見の先生)をして、
今日はホルモン検査の為の血液採取で終わりました。

注射は
自己注射で可能であること、
(今はみんなそうなのか~)
自己注射練習できると、
採卵前の排卵抑制の注射も自分で打てるので
夜、来院しなくていい、とか。

メルビンは
「たぶん飲むことになるよね」で、
いちおう、こちらの
「何月に出産にあたるようにしたいので」
何月に治療可能かを計算してもらいました。

ただ、クリニック側は
「OHSSになる可能性が大なので、凍結当然」というテイで、
私はOHSSにならないように調整してもらって
新鮮胚移植でお願いしたかったので
(凍結胚移植3回陰性、新鮮胚移植2回陽性という体の実績から)
ちょっとこのあたりで
うまく伝わったかなあ、どうかなあ、という不安があります。

で、一番の重大事項は血圧の問題。

もともと血圧は高めなんだけれど
(妊娠中も最終的に「血圧が高めがデフォなんだ」と言われた)
その血圧を家でもはかること、
それでも高ければ、病院を受診して
血圧を下げる処置(薬かな)をして欲しいと。

それから
前回と、色々変わったことがでてきているので
IVFのお教室をもう1度受けるようにと。

あとは夫の検査も。

++++++++

朝早くサプが保育園に登園した後、
4年前のように
夫とふたり、タクシーで病院へ向かいました。

なつかしいなあ。
あの時はサプがいなくて・・
本当に「ふたり」だったんだよなあ。

病院も早めに終わったので、ちょっとショッピングをして
(以前ほどの体力がなかったのですぐへこたれて帰ったけど)

帰宅したら、まさかの寝落ちでした。

その間に夫からメールが2通、届いてました。

1通目。
「いま、●●駅の喫茶店でパスタ食ってるんだけど
 結婚前によく来たな~って思って。
 今日の朝も思ったけど
 4年前まで、毎日ああやって通ってたんだよね」

2通目。
「●●(私)と結婚して良かったよ。サプもいるし。
 これからもよろしく。
 照れくさいから面と向かって言えないのでメールで」

泣くよね。

思えばりくの手術以後・・
こんなこと言われたのはまさに4年ぶり!

そういえば3日前、やつはこんなことを言った。。
「遺族年金のことがあるから
 年金、残ってるやつ、全額払おうかな」

・・・死なないでしょね、と思ったのはナイショ。

そして私は今日も
眠気を感じながら、弁当の用意をし、
なぜかブログを書いているのでした・・・
[PR]
by fufunet1 | 2013-05-15 23:33 | Stage2(プレ)

リデビュー

新しい基礎体温計、買いました。
この3日間はかってみたところ、
低温期に入った2日目に出血。
そして、いつもどおりの28日周期なので
サプ妊娠前と、変化なしのようです。

今朝から出血が始まったので
3日目になる水曜日に、ひさびさに病院の門をくぐろうと思います。

来月からの予行を兼ねて、
相談もいろいろしたい。

PCOSはまだ続いているっぽいので
(AIHの時、何個もあったなあ)

1、メルビンの服用が必要かどうか、
  飲んでもいいのなら、今月からの服用でもいいのかどうか。

 これ、大事だよなあ。
 前回、この薬が核だったような気がするので。
 卵の質は上がったし、りくもサプもこの薬を飲んでる時だった。
 
 ちなみに、従姉妹がPCOSの症状があり、「糖尿の素因はあると思う」とのことで
 主治医の先生に私が飲んでいたから、飲めないか、ということを打診したそう。
 反対されたそう。
 なるべく自然に、薬も最小限で、という病院方針にはそぐわないのかな、と。
 病院ごとに方針はあるだろうけど、
 私の主治医の先生は結構先進的だった気がする。

2、注射は近くの婦人科でできないか。

 これが一番の問題。
 PCOSのことがあるから、OHSSにならないように、
 かなり考えて注射の量を決めていたはず。
 最初の1回は中度のOHSSになり、その後は、軽度。
 りくとサプの時は、まったくありませんでした。
 
 ただ、薬の量とか、内診する日をどうやって決めているのかはわからないので
 これも聞いてみたい。
 
 従姉妹から聞いた話、今は自己注射もあるし、シールタイプもあるそうで、
 従姉妹は自己注射。
 ・・自己注射、怖いからあれだけど、AIHをしてくれていた婦人科で注射可能であれば 
 そちらに通いたい。

 ひとりめとはちがう、ぜいたくな悩みなんだけど、
 子どもを預けるにもお金がかかるし、
 子どもを預けて、病院に行って、夕方の仕事があるので
 その場合、子どもは9時~夜9時半まで預けっぱなしとなります。

 そうなると、母の協力を仰ぐことになる。
 ・・母に預けたって、サプが私と何時間も離れる10日間を過ごすことは
 まちがいない。

病院の診察券を探したけれど、ありませんでした。
どこかにしまこんだのかな。

わくわくもあり、どきどきもあり。
本当に「もうひとりの子ども」の為の確実な前進なので。
それが「わくわく」かな。

そして治療が長くなりそうであれば
またあのループにはまりこむんだな、という不安も。

サプ妊娠から3年、少し治療法も変わってると思うし、
病院も移転してるし。

新しい気持ちでがんばろうと思います。

にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-05-13 17:09 | Stage2(休憩)