結婚10年目にしてICSI4回目の採卵移植で授かった息子は4歳児。そしてただいま二人目妊娠中。


by fufunet1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

退院しました

私だけですが・・

血栓を防ぐ、血液をさらさらにする薬の効果がやっと出て
(人の3倍の量の薬を飲んでやっと)
サプリメントのように毎夜服用が決まりました。

医師である父もびっくりする量みたいです。
特異体質・・

7月も経過観察と薬の効果の確認のために
ちょこちょこ通院予定です。(私が)

本当にお世話になった病院で
看護師さんたちもたくさんいるんですが(お医者さんも多いけどね)
退院が決まった日から、ちょこちょこのぞきにきてくれて。

次々と自分の体に起こる展開に
自分の気持ちがついていかず、後から後から必死必死で。
看護師さんにビミョーに八つ当たりしたりしたし・・

トイレの介助までしてくれてるのにその態度・・と
今になると反省猿ですよ"(-""-)"

いや、トイレまでベッドの上、とか
ほんと、人ってプライドで生きてる。

一番お世話になった主治医の先生は
今日はお休みで、昨晩病室に来てくれて。

次に肺梗塞の方でお世話になった研修医の先生は
やっぱり休みで、挨拶できず。
(出産の時もいなくて、肺に血栓ができてます、の時にいきなり現れたのだった)
点滴も採血も痛くないし、はっきりしててわかりやすかったし。

産科とはいえ、若い研修医の先生が多くて看取られてるみたいで(笑)
最初はとまどったけれど、看護師さんもみんなすごく精神的にケアしてくれて。

本当に私もイェエンも生きてて良かった、というのが
また、いろんなきっかけで、じわりじわりとくるのでしょうね。

NICUには
私より先に退院したお母さんたちが、
たくさん来ていて。

私も一番最初にイェエンがおむついっちょで、
いろんな生命線につながれて、裸で保育器に寝かされていた時は
泣きましたよ。

私が肺のことで戦っている時に
しれーっと保育器から出てました。
(知らなかったけど)
私が絶対安静とか言われてベッドにいたころ、
しれーっと点滴とれてました。

私より先に退院したであろうお母さんたちが
イェエンより小さい、保育器の中の赤ちゃんを
泣きながらなでている姿は
他人事とは思えず、毎回一緒に泣いてました・・

みんながんばってますよ。

イェエンは幸運にも「小さいだけ」で
今のところ、機能に問題はなく、体重が増えれば
呼吸も安定してくるとのこと。

ミルクもよく飲みます。

怖いのは退院した後かな。
もちろん何もないとは思うんだけれど
(何もないだろう体重で退院してくるわけだから)
それでも低体重児です。

9月から仕事復帰で
保育ルームに預かってもらうつもりでしたが
さすがに、小さいのは気になる。

年内はシッターさんと親の協力をお願いしようと思っています。

******************

1か月弱の入院で。
サプに何食べたい?って聞いたら
「たたのシチューが食べたい」
っていうので、シチューを作りました。

ちなみに、早く帰りたくて、焦りすぎて
おじいちゃんと帰宅時、うん○をもらして帰宅・・涙

イェエンにもらったサプとの蜜時間のスタートが
なんとまあ、お風呂で尻洗い・・

夕方には爆泣を繰り返し、
ずーっと抱っこでした。

そしてリビングで寝てしまったサプを抱っこして
連れて行こうと思ったら
腹が割れるかと思いました・・(-_-;)
いや、気抜いたら割れますよね・・帝王切開だからね。

かわいそうですが
自力で歩いていただいて。(怒ってた)

サプは仕方ないとして
私も自分でそうなので人のこと言えないんですが
イェエンが入院中の為、
夫ふくめ、周りが私が産後であることを忘れているような気がします。

・・扱いが・・

私もイェエンがいないので、
日常変わらない・・・ため、通常営業しがち。

来週には退院してくると思うので
やっと産後が始まります。

子供がひとり持てただけでも奇跡だなあと思っていた生活から
子供がふたり、なんて贅沢な人生だと、
各方面へ感謝しながら、生きていきたいなあと思います。
(・・が、愚痴も文句も言いますけどね、絶対)

にほんブログ村 子育てブログ 顕微授精から出産、育児へ
にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2015-06-24 20:37 | ふたりめ出産から退院まで