結婚10年目にしてICSI4回目の採卵移植で授かった息子は4歳児。そしてただいま二人目妊娠中。


by fufunet1
カレンダー

願閑祈念

帰宅したサプの服装がガチャガチャ。
そんなことにならないように
1セットずつ袋に入れてカバンに入れてるのに~
いや、たいしたことじゃないんだけど
上は黒!下はコレ!って全部統一して着替えは入れた方がいいのかなあと
ときどき思います。

実行したことはないですが~←結局やらないんだな
そして時々すごい組み合わせで帰宅してくるのです(笑)

さて、移植が無事終了しました。

夫の出勤に合わせて自家用車で出発。
(帰りも夫に送ってもらうため←1人目の時の習慣?)

近くの喫茶店で時間をつぶしたんだけれど
煙草くさくて早々に退散し、
予約時間より早めだったけれど、受付しちゃいました。

今日は驚くほど混雑していて
私も8番目の番号札。
ダンナさん連もたくさんいて、問診票書く人もたくさん。
初診も多かったみたい。

ここでの心配は
「院長センセいるのかな・・」不安。

やっぱりサプは院長センセに授けていただいたので
験担ぎの部分もあってそこを気にしてました。

「○○さ~ん(別の人)」←院長センセの声
やった!センセいるじゃん!
・・の後、
「えだまめさーん」←女性ドクターの声

ずよ~ん・・

看護婦さんはいつもの人だったので
いや、ドクターが幸運の女神でありますように、と
祈っちゃいました。←失礼

で、結果。

実際は、この女性ドクターの移植時間がすごく良かった。
・・いや、結果がまだ出てないので、
そういう善し悪しとかじゃないんだけど。

産院の話とか、帝王切開の話(推定体重の話)とか
個人医院では分娩を断られた話とか
出産直前に担当が変わった話とか
女医さんばっかりで怖かったよ、という話とか
ほとんどしゃべりながらの移植でした。

そのおかげで
苦手な膣洗浄もいつのまにか終わっていて
終始リラックス。

移植でもなんでも緊張しぃの自分なので
これはとても良かったです。
しばらく横になって、注射して、会計して。

夫に迎えに来てもらって、途中で
採卵・移植の通過儀礼(?)ケンタッキーを買って
コンビニに寄って家で寝てました。

サプが帰宅したので
洗濯物入れたりしながら、少しずつ軽めの通常運転。

今は、お腹や腰はじゃっかんだるめ。
朝から頭痛があったんだけれど
それは消えました。

今日はそうめんでもゆでて、
のんびりしようと思います。

サプの時みたいに
1日中トイレ以外何もしなーいってわけにもいかないので
これは自然妊娠も例外なく
「ふたりめは受精卵の頃からそういうもん」
なんだろうと思ったり。

明日からしばらく仕事はお盆休みなんだけれど
夫は仕事なので、サプを毎日どこに連れ出すかが問題。

あとは実母が静かでいてくれること、
まわりで何か問題が起こらないこと、
(毎回どこかで問題が起こる・・)
しずかな生活となることを祈るばかり。

暑いよー(>_<)


にほんブログ村
[PR]
by fufunet1 | 2013-08-12 19:40 | Stage2移植周期1凍結BT(-)